この記事の目次

【企業診断士監修】限界利益とは?計算方法や損益分岐点との関係を解説

この記事の監修者
中小企業診断士の堀寿弘先生
中小企業診断士/応用情報技術者
堀 寿弘
ほり中小企業診断士事務所

経営をする上で、会社の経営状況を数字で客観的に把握し判断することは非常に重要です。感覚的に経営し、気が付いたらボロボロになっていたなんてことも良くあります。

会社は利益を出さなければいつかは資金がなくなり倒産してしまいます。どのくらい売上をあげれば利益が出るのか、どのくらい節約すれば利益が出るのか、といった利益に関連する知識や考え方は特に重要でしょう。

このページでは、経営管理に密接に関わる考え方である「限界利益」について解説します。

限界利益について良くある疑問
~このページで解決します!~
限界利益ってなに?
店舗の家賃などの固定費用が一切なかった場合に出る利益額のことです。

>>もっと詳細を知る

限界利益の計算方法は?
売り上げ額から「変動費」を除きます。

>>もっと詳細を知る

限界利益率とは?
売上のうち限界利益が占める割合のことです。

>>もっと詳細を知る

損益分岐点との関係を教えてください。
限界利益が固定費と同額になる(=営業利益が0円)の売上額を「損益分岐点」と呼びます。

>>もっと詳細を知る

目次
限界利益とは

限界利益ってなに?

売上額から「変動費」を差し引いた額のことを「限界利益」と言います。

事業を行うと、人件費や事務所の家賃、水道光熱費、仕入れ原価など様々な費用が発生します。これらの費用は、売上の増減に応じて変動する(変動させることができる)「変動費」と、変動しない「固定費」に分けられます。

例えば、事務所の家賃は売上の増減に関係なく金額が決まっており、毎月一定額が支出されていきます。このように売上額の増減に対して変動しない費用のことを「固定費」といいます。

一方で、仕入れ原価やアルバイトへの報酬などは、売上が増加した際にはその増加に対応するために支出額が増加し、逆に売上が落ち込んだ際には圧縮できる支出です。このような売上高に応じて変動させられる費用のことを「変動費」といいます。

売上額から「固定費」と「変動費」を除けば営業利益となり、これらの関係は下図のようにまとめることができますます。

※図の中にある「損益分岐売上高」については後程解説します。今は気にしないでください。

限界利益と損益分岐売り上げ

限界利益は、売上額から「変動費」を引いた後に残る金額のことを指します。そのため、「固定費」は「限界利益」から賄うこととなります。

つまり、「変動費」の売上に対する割合が高く(=限界利益が少ししかない)、限界利益の額が事務所の家賃などの「固定費」を下回った場合、営業利益はマイナス、つまり赤字になります。逆に、営業利益をプラスにするためには、限界利益を増やし、固定費を上回ればよいと言えます。

例えば、100万円の仕入れ原価がかかる商品を5個仕入れ(=変動費が500万円)、700万円で売ったとします。この場合、限界利益は200万円(=売上700万円-変動費500万円)となります。店舗の家賃が300万円とすると(=固定費300万円)、営業利益は-100万円(=限界利益200万円-固定費300万円)で赤字です。

このケースの場合に営業利益を黒字にするためには、販売数(仕入数)を増やして売上を増やしたり、仕入れ価格を低く抑えたりすることで限界利益額を上昇させるか、家賃(=固定費)の安い店舗への引越しを検討します。

このように、限界利益は営業利益を改善するために重要な指標になることから、「貢献利益」と呼ばれることもあります。

限界利益率とは

限界利益率は、売上のうち限界利益が占める割合のことです。売上100万円で限界利益が70万円なら限界利益率は70%となります。

【限界利益率の算出方法】
 限界利益率 = 限界利益 / 売上

限界利益率が高ければ高いほど営業利益を出しやすく、固定費が多くなっても利益を出せます。

損益分岐点とは

限界利益が固定費と同額となる(=営業利益が0円となる)売上額を「損益分岐点」と呼びます。こちらも聞き覚えがある方が多いでしょう。限界利益がそれ以下になると営業利益はマイナス、それ以上になると営業利益がプラスとなります。

【損益分岐点の算出方法】
 損益分岐点 = 固定費 / 限界利益率

損益分岐点の考え方

「変動費」が売上の増減によって変動する費用だという説明は冒頭で行いました。損益分岐点の考え方を使えば、売上に占める変動費の割合(=限界利益率)が一定の場合に、いくらの売上があれば限界利益で固定費を賄うことができるのかを検討することができます。

例えば、100万円の売上の時に、限界利益が70万円で限界利益率70%だったとすると、売上が200万円になった時には200万円×限界利益率70%で、限界利益は140万になります。この前提のもと、限界利益が固定費を超えて営業利益が黒字になる売上のことを、損益分岐点といいます。

「売上高」と「変動費」「固定費」「損益分岐点」の関係は、上記グラフのような形になります。

損益分岐点の位置が高くなると、その分事業の黒字化のために必要な売上額も大きくなり、損益分岐点が低くなると、必要な売上の水準も低くなり、事業としても有利になります。

このように「損益分岐点」がわかると、事業の黒字化のために必要な売上額がわかるようになります。

また、この損益分岐点分析を通じて「損益分岐点」を下げるための対策としては、①「固定費」の水準を下げる②「変動費」の割合を下げる③値上げする、の3つがあることがわかります。実際には③値上げはなかなか簡単にはできないことですので、固定費の水準を下げること、変動費の割合を下げることを検討していくことになります。

まとめ

限界利益とは、「売上高」から「変動費」を差し引いて計算されるもので、この限界利益から「固定費」を差し引くと「営業利益」が得られます。

限界利益で固定費を賄うことができていれば、「営業黒字」ということになり、賄うことができていなければ、「営業赤字」ということになります。

この限界利益の分析を通じて、収益性改善のために変動費と固定費のどこから改善に手を付けていくべきかを検討することができます。

この限界利益の概念をよく理解して、上手に自社の収益改善につなげていきましょう。

この記事の監修者
中小企業診断士の堀寿弘先生
中小企業診断士/応用情報技術者
堀 寿弘
ほり中小企業診断士事務所
keyboard_arrow_up